ドラクエ10を3ヶ月遅れて始めてみる |

全ての後発組よ、これを読んで立ち上がれ! そしてまた力なく座りこめ

127:P×鬼=

2013.03.19 Tue

16:28:58

わりと僕は昔からそういうきらいがあったのですが
RPGを中途半端に進めた状態で飽きたか何かして一端プレイしていないと
いざ再開するぞってときに「あれこれどこまで進んでたんだっけ?」となることが多いです
皆さんもそういう経験あるのではないでしょうか

僕の場合こーいうときどーするかというと
「めんどくせえ、はじめからするわ」となります
セーブが一個しかできないゲームの場合は悲惨です。消して最初からプレイすることになります当然
で、もちろん一度辿った道筋をもう一度たどる事になるわけで、だいたいの確率で以前の到達ポイントにたどりつくまえにだれて飽きてやめます


鉄は熱いうちに打てといいますが
僕のような全身神経のかわりにB型の血が循環しているような人間は、一度飽きてしまうともうその時点でどう足掻いても詰み(積み)になることが多々あるわけで



そういう人生を歩んでいると、たとえ熱い鉄を打っている最中でも唐突にとある欲求がうごめくわけです
「あ、最初からはじめたい」
こういう経験、みなさんはありますでしょうか?



なのでまあ
このブログを昔から読んでいる方はご存知と思いますが、僕はよく定期的にサブキャラを作ります
作って一回記事のネタにして以降ぱったり登場しないことが多いですが、その場合はもう皆さん察してくださいどういうことか
といっても実は職人としてのみ生き残っていたりするのですが




で、今回も懲りずにまた1キャラを作ることにしました
今日はそういう記事



かつて、オーガの男性キャラを作ったことがありました




彼です
で、実はこのキャラクターを作ったあと、僕はとある出会いにより彼の育成を頓挫するハメになります



この当時僕はまだ粋がっていた子供でした
早熟だったと言ってもいい
「オーガでアフロって面白くねwww」という無知蒙昧な発想のみで一発芸のようなお手軽さで彼を作ったのです
実際ウケはよかった
しかし所詮そのときの僕は井戸の中で満月を見上げていた蛙でしかなかったのです


その数日後、僕はこの“お笑いオーガ”の存在そのものを否定する人物に出会いました














存在そのものがインパルス
ピカソの世界観を肉体の旋律のみで描く筋肉のアーティスト
完成された美と笑による精神の二世帯住宅
僕にとって彼らとの出会いは正しく衝撃的であったといえましょう

安易なお笑い路線に走っただけの僕が惨めに思えてしまうような巨大な存在感
彼らはただ「在る」だけで僕を圧倒していたのです
いるだけで笑える・・・彼らは生まれながらにしてオーガのハイエンド(頂点)に位置していました
強者と弱者
その違いを見せ付けられた僕は、静かにオーガでのお笑い路線を諦めました
勝てねえ
彼らがいる限り、オーガでなんとなくウケをとるなんてことは無意味に等しかったのです



なればと僕は考えた
オーガ男はキッズの代名詞として時に馬鹿にされ、時に蔑まされてきた
彼らの汚名をそそぐことこそ、僕に与えられた使命なのではないか
お笑いの道はガンダーラに突き進むゴリラと魚に任せればいい
僕は汚れなきニルヴァーナを目指そう
冗談抜きで「格好いいオーガ」を作らねばならない
僕のたったひとりのプロジェクトXが中島みゆきの歌とともに始まった











ソウルフル
魂のこもった生命が爆誕した







見てくださいこの一角獣ユニコーンを思わせるフォルム
間違いない
一目見た瞬間わかった
このものが勇者や








魔法使いです
オーガなのに魔法使い!というそのギャップが彼の美しさをさらに引き立たせる
これが巧の技といえるでしょう
僕にしかできない仕事
恐らく凡人には考えもつかなかった境地でしょうね







この帽子どうやって着脱すんの?というお茶目なアピールも忘れない







彼のあまりの格好よさはチームでも注目の的
このように一般人にまでもその美しさは行き届いています
おや、あまりの輝きに直視できないようですね
無理もない、誰も太陽を覗くことなどできないのだから・・・






こうして新たなプックル一門の使徒プクス・リィが生まれたのだった
彼はふくびき要因と肥料水まき要因として地味に役に立っているのでみんな石を投げつけないように




ドラゴンクエストX ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加してます














オススメ情報

コメント

1098

うわっ! ドラゴンボールに出てきそう!
「そうだ、このゲーム鳥山先生だったんだっけ」と思い出させてくれる『顔』ですね。
かっこいい!

って、魔法使いなのね!?

1111

かっこいいでしょう
僕もこのキャラはいいと思うんですがなかなか魅力が伝わってないんですよねーみなさんに

魔法使いにしたのは単純にダンジョンでノンパシで一番活躍できそうなのが魔法使いだったからです
基本ふくびき職人要因ですからね彼

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら